学会について

 

倫理委員会

委員会メンバー

主担当理事 三井 哲夫  副担当理事 大賀 正一、大嶋 勇成

委 員 長 山本 俊至  副 委 員 長 掛江 直子

委   員 伊藤 龍子、神里 彩子、笹月 桃子、種市 尋宙、富永 牧子、中村 公俊、

      長崎 啓祐、永山 悦子、西村  力、福原 里恵、前田  潤、増子 孝徳、

      右田 王介、三山佐保子、横野  恵、吉村  博、余谷 暢之

オブザーバー 奥山 虎之

委員会紹介

倫理委員会は、①倫理小委員会(掛江 直子委員長)、②遺伝学的検査検討小委員会(山本俊至委員長)で活動しています。また、倫理に関する内容を取り上げ、倫理フォーラムを開催しています。

直近の倫理フォーラム http://www.jpeds.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=165

<倫理小委員会>
 主に当学会の各委員会による調査・研究についての倫理審査の実施、その他、必要に応じて、学会の倫理的諸問題への対応について検討を行います。

<遺伝学的検査検討小委員会>
 2011年に日本医学会が、「医療における遺伝学的検査・診断ガイドライン」を発表しました。このガイドラインは、すべての診療科に共通する原理・原則を示したものであり、各診療科の学会に対しては、本ガイドラインに即したマニュアル的なものを作成することが求められています。遺伝学的検査検討小委員会では、日本医学会のガイドラインの主旨に沿った小児科領域での望ましい遺伝学的検査の進め方を周知するために、遺伝学的検査Q and Aを作成し、日本小児科学会ホームページに掲載しています。遺伝学的検査の進歩は著しく、適宜新しい内容に記載を変更する必要があります。最近では、次世代シークエンサーを用いた網羅的遺伝子解析や非侵襲性出生前診断に関する記載を加え、Q and Aを更新しました。

Q and A http://www.jpeds.or.jp/modules/guidelines/index.php?content_id=30

ページの先頭へ戻る