Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.116 ビーズ玩具による外耳道異物・鼓膜穿孔

事例 年齢:4歳 8か月 性別:男児 体重:19kg 身長:105cm
傷害の種類 外耳道異物
原因対象物 ポリビニルアルコール製ビーズ玩具(直径5mm)(図)
臨床診断名 左外耳道異物,左鼓膜穿孔
直接医療費 入院 153,820円  外来 8,680円
発生状況 発生場所 自宅のリビング
周囲の人・状況 自宅内に母と本児がおり,母は別の部屋で家事をしていた.
発生年月日・時刻 2021年5月X日(土)  午後6時00分
発生時の詳しい
様子と経緯
自宅のリビングで本児が一人でビーズを用いて遊んでいた.午後6時に児より「ビーズを耳に入れた」と母に申告があった.母の目視では確認できず医療機関を受診した.
治療経過と予後 午後8時に救急外来を受診した.耳鼻科医により左外耳道にビーズを目視で確認したが,奥にはまっており痛みを伴い,体動が激しく覚醒下では摘出できなかった.ケタミンを経静脈投与した鎮静・鎮痛下で,鑷子,耳鏡を使用し摘出した.摘出はビーズの鼓膜との癒着や出血により難渋し,鎮静開始から終了まで1時間を要し,適宜鎮静薬を追加した.摘出したビーズは5mm大で粘着性があり,左鼓膜穿孔を伴っていた.経過観察目的に一泊入院とし,X+1日に覚醒しても,めまい・ふらつきなく退院した.小児耳鼻科に外来通院して, X+2か月時点で鼓膜の閉鎖を確認した.再診時に明らかな聴力低下の症状は認められなかった.
Full Text No.116 ビーズ玩具による外耳道異物・鼓膜穿孔
類似報告 No.116 類似事例1

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る