Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.109 高吸水性樹脂球の誤飲による腸閉塞

事例 年齢:0 歳 11 か月 性別:男児 体重:9.7 kg 身長:73 cm
傷害の種類 誤飲
原因対象物 水で膨らむボール(高吸水性樹脂製品)(大きさは1つあたり直径10~20mm大で,膨らむと直径35~40mm大になる,対象年齢10歳以上と記載あり)(図1)
臨床診断名 異物誤飲,腸閉塞
直接医療費 入院 688,520 円
発生状況 発生場所 自宅の浴室
周囲の人・状況 兄と一緒に入浴中に,本製品を使用して遊んでいた.
発生年月日・時刻 2021 年6 月X 日(金)午後3 時0 分
発生時の詳しい
様子と経緯
上記時刻に,自宅の浴室の浴槽内で,水につけると膨らむボールで,本児は兄と遊んでいた.膨らむ前のボールも複数個を水につけていたが,個数は確認していなかった.同日深夜になって,腹痛,嘔吐が出現し,吐物に食残とボールの一部が混ざっていたため,誤飲を疑って,すぐに救急外来を受診した.明らかな成人の目撃はなかった.
治療経過と予後 来院時,活気不良,嘔吐あり,腹部膨満していた.腹部X線写真(図2)で異物は確認でき なかったが,小腸ガスを認めており,腹部CT写真(図3)で拡張した小腸と局所的な虚脱 を認めたが,異物の同定は困難だった.病歴より膨らむボールによる腸閉塞として減圧目的 にサンプチューブを挿入し入院となった.同日,緊急開腹手術を行い,小腸が局所的に40mm程に拡張し,陥入した異物を同定した(図4).用手的に異物を結腸まで先進させ,閉復終了とした.X+1日,異物は自然排泄され,入院X+4日目に,術後合併症なく退院となった.
Full Text No.109 高吸水性樹脂球の誤飲による腸閉塞
類似報告 No.109 類似事例1

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る