Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.104 おむつ交換台からの墜落による前額部打撲

事例 年齢:0歳 6か月 性別:女児 体重:6.5 kg 身長:不明
傷害の種類 墜落
原因対象物 おむつ交換台(折りたたみ式タイプ)
臨床診断名 前額部打撲
直接医療費 42,680円
発生状況 発生場所 飲食店の女子トイレ内に設置されていたおむつ交換台(展開後の高さは90 cm程度)
周囲の人・状況 同室内横の便座に兄(2歳)が座って排便していた. 母親は,患児と兄の両者に注意を払う必要があった.
発生年月日・時刻 2020年9月X日(日)午後2時00分 頃
発生時の詳しい
様子と経緯
上記時刻に,飲食店のトイレを兄弟と母親で使用した.兄が排便している隣で,母親が壁に設置された折りたたみ式タイプのおむつ台を展開し,その上で患児のおむつ交換を行った.おむつ台の安全ベルトを使用方法の表示通りに患児の腹部に装着した.おむつを交換し終わり,兄の世話もしようとして目を離した直後に,患児が寝返りをした.安全ベルトのプラスチックバックルはロックされていたが,ベルト自体が伸びてしまい,患児はそのまますり抜けて,おむつ台からトイレの床に墜落した.直後に母親が確認すると,腹臥位の状態で啼泣していた.授乳はできたが,すぐに医療機関を受診した.おむつ台には柵やガードがない構造だった(図1).また,おむつ交換台もベルトも劣化や破損などはなかった.
治療経過と予後 受診時,全身状態は安定しており,バイタルサインに異常を認めなかった.嘔吐,けいれん,意識障害は認めなかったが,前額部に皮下血腫を認めた.高所から墜落したと判断し,頭部CTを撮影したが,骨折や頭蓋内出血を認めなかった.頭部以外の受傷部位はなく,腹部超音波検査でも臓器損傷を疑う所見はなかった. 受傷した当日は自宅で経過観察とした.翌日の再受診時にも新たな症状の出現はなく,経過は良好であった.
Full Text No.104 おむつ交換台からの墜落による前額部打撲

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る