Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.103 エスカレーターと壁に挟まれて受傷した体幹外傷 事例1

事例 年齢:5歳 11 か月 性別:男児 体重:19.9 kg 身長:115.4 cm
傷害の種類 胸部圧迫
原因対象物 エスカレーターと壁(壁とハンドレールの隙間は15 cm)
臨床診断名 窒息,左肘挫傷,下顎擦過傷
直接医療費 266,020円
発生状況 発生場所 デパートの上りエスカレーター.固定式アクリル板と吊り下げ保護板は設置されていた(図1)
周囲の人・状況 本児,両親,姉(9歳),姉の友人(9歳),姉の友人の母で会食中,本児と姉,姉の友人の3人で店外に出て遊んでいたところで発生した.本児の服装は半袖,半ズボンであった.発生時,両親と姉の友人の母は店内にいた.
発生年月日・時刻 2020年5月X日(土)午後9時55分
発生時の詳しい
様子と経緯
本児,姉,姉の友人の3人でエスカレーター付近の広場で遊んでいた.本児がエスカレーター外側のアウターデッキ(図1)に両足を乗せてハンドレールに両腕をかけたところ,ハンドレールに引っ張られエスカレーターの外側を昇ってしまい,そのまま引き込まれる形で壁とハンドレールの隙間(図2,図3)に体幹が挟まれた.姉,姉の友人が即座に両親に報告し,挟まってから1,2分後に両親が現場に駆け付けた.その時点で,児はぐったりして宙に浮いている状態であった.児の腹側がハンドレール側,背側が壁側であり,壁とハンドレールの隙間に体幹が挟まれていた.左上肢は屈曲位で前胸部とハンドレールに挟まれていた.頸部は一部ハンドレールと接触しており,頭部と両下肢は宙に浮いている状態であった.母が救急要請を行い,周囲の一般客が緊急停止ボタンを押し,父が児を引き上げて救出した.児が挟まれてから救出されるまでは約3分であった.救出直後,児は顔色不良であり口唇チアノーゼを認め,父親が抱きかかえながら刺激するも反応はなかった.約30秒後,児は覚醒し大きな声で啼泣した.救急要請から8分後に救急隊が到着し,父同伴のもと,医療機関へ搬送された.
治療経過と予後 搬送時から意識は清明で,気道,呼吸,循環は保たれていた.病院到着時,バイタルサインは脈拍数136/分,呼吸数17/分,SpO2 98%(室内気)であった.左肘外側に圧痛,腫脹,発赤を認め,左肘関節の可動域制限を認めた.左側胸部に発赤,下顎に擦過傷を認めた.両肘関節X線検査,胸部~骨盤部の造影CT検査を施行した.CTでは気胸や臓器損傷など緊急の介入を要する所見は認められなかった.肘関節X線検査では明らかな骨傷は認められなかったが,救急外来で左肘関節のシーネ固定を施行した.胸部圧迫による窒息,左肘挫傷,下顎擦過傷と診断し,経過観察目的に入院とした.入院後,呼吸,循環ともに安定しており意識も清明であった.入院3日目に左肘関節痛は改善し,シーネ固定解除の上で退院とした.受傷10日後の時点では,普段と変わらない様子で後遺症なく経過している.
Full Text No.103 エスカレーターと壁に挟まれて受傷した体幹外傷 事例1

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る