Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.102 キャスターボード使用中の転倒による外傷(事例2)

事例 年齢:9歳 5か月 性別:男児 体重:35 kg 身長:140 cm
傷害の種類 転倒,骨折
原因対象物 キャスターボード. 3~4年前,6歳上の姉用に新規購入したもの.本人も2年ほど前から頻繁に使用していた
臨床診断名 右橈骨遠位端骨折
直接医療費 247,990円
発生状況 発生場所 友人の自宅前,分譲住宅街の平坦な路地(2 mほどの幅,地面はアスファルト)交通量は多くないが,車両も進入可能.本児にとっては馴染みの遊び場
周囲の人・状況 同級生の友人計7人(うち6人がキャスターボード持参)で遊んでいた現場を目撃した大人はいない
発生年月日・時刻 2020年5月X日(金)  午後6時00分頃
発生時の詳しい
様子と経緯
雨上がりの上記時刻に,友人宅前の路地でキャスターボードに乗って遊んでいた.体の右側を前にした体勢から回転しようとしたところ,車輪が滑ってバランスを崩し,前方に転倒した.その際,地面に右手掌をついて受傷した.ヘルメットや四肢の保護具は着用していなかった
治療経過と予後 受傷同日に整形外科医院Aを受診し,右橈骨遠位端骨折と診断された.同日はシーネ固定により帰宅したが,夜間も疼痛が持続し,翌朝(X+1日)同医院を再診した.緊急での手術適応と判断され,医療機関Bへ紹介された.紹介先受診時のバイタルサインは正常であり,患肢以外に外傷はなかった.右手関節部の疼痛は持続していたが,神経障害や血流障害を示唆する所見は認めなかった.単純X線写真で橈骨遠位端が背側へ完全転位しており(図2),整形外科医と所見を共有し,同日に静脈鎮静下に透視下徒手整復をおこなった.整復後に長上肢ギプス固定をおこなった.鎮静後の経過観察目的で入院し,翌日(X+2日)に退院した.退院後は,引き続き医療機関Bの整形外科外来で通院を継続している.
Full Text No.102 キャスターボード使用中の転倒による外傷(事例2)

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る