Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.094 カプセル型スポンジ玩具による腟内異物(事例1)

事例 年齢:3歳 0 か月 性別:女児 体重:12.1 kg 身長:90.1cm
傷害の種類 異物
原因対象物 カプセル型スポンジ玩具(膨らむ前は5 mm×20 mm の大きさ.水につけて揉むとカプセ ルが溶けて動物の形に膨らむ.12 個入り)
臨床診断名 腟内異物
直接医療費 306,290 円(入院 280,400 円,外来 25,890 円)
発生状況 発生場所 自宅浴室の疑い
周囲の人・状況 両親,本児,妹(9か月)の4人暮らし.普段は母と二人で入浴していた.
発生年月日・時刻 2019年6月X 日(オムツに血液が付着するようになった日)
発生時の詳しい
様子と経緯
6 月X-10日頃から外陰部のかぶれを主訴に近医を受診しており,外陰部を気にして搔く様子も見られていた.X-7日頃にカプセル型スポンジ玩具(12個入り)を購入し,その後児は入浴中に膨らませて遊んでいた.X-5 日頃,母は玩具が2個なくなっていることに気づ いたが紛失したと思っていた.それ以降は玩具をビニール袋に入れ,子どもの目の届かない場所へ保管していた.6月X 日,オムツに血液が付着したため,医療機関Aを受診した.
治療経過と予後 血液の付着が続くためX+6日に医療機関Bを受診した.血便や血尿は認めず,外陰部からの出血もなかった.その後もオムツに薄い血液が付着することが続き,外陰部の悪臭を伴うようになったため,X+18日に医療機関Bの婦人科に紹介された.外陰部の疼痛や搔痒感の訴えはなく,腟内の診察は困難であったが,出血部位は確認できなかった.また内分泌ホ ルモンに異常はなかった.腟培養を採取し抗菌薬の内服を開始した.採取した腟分泌物の培養で有意な菌は認めなかった.その後は一旦オムツに血液が付着することはなくなり悪臭は改善したが,X+46日頃から再びオムツに新鮮血が付着するようになった.X+50日に骨盤部MRIを撮像したが腟内異物は指摘されず,形態学的異常も認めなかった.性器出血が長く続くため,X+74 日に静脈麻酔による鎮静下で内診を行った.観察したところ腟から1.5cmほどの所に長径2 cmのスポンジを認めた.異物を鑷子で除去しようと試みたところ,一塊とはならず切れ切れとなって摘出できた.除去した異物は水分を含んでおり,一部動物の足と思われる形を認めた.他にちぎれたスポンジが摘出でき残存異物が無いことを確 認した.その後両親に話を聞くと,X-5日頃にスポンジ玩具を紛失していたことが判明した.異物除去後はオムツに新鮮血が付着することはなくなった.本事例は医療機関内の関係者会議で検証され,児童擁護の観点から児童相談所への通告を 行った.
Full Text No.094 カプセル型スポンジ玩具による腟内異物(事例1)

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る