Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.093 スチーム式加湿器による背部熱傷

事例 年齢:1歳 1か月 性別:男児 体重:8.8 kg 身長:73.1 cm
傷害の種類 熱傷
原因対象物 スチーム式加湿器(重量2.3 kg,幅29 cm,高さ30 cm,奥行き16 cm,水タンク容量4 L)
臨床診断名 II度熱傷(背部10%)
直接医療費 入院費:407,000円,外来通院費:9,810円
発生状況 発生場所 自宅寝室
周囲の人・状況 姉(2歳)は患児のそばにいた. 母は同じ部屋の少し離れた場所で作業中であった.
発生年月日・時刻 2017年12月X日(水) 午後0時30分ごろ
発生時の詳しい
様子と経緯
スチーム式加湿器(以下,加湿器)は,プラスチック製の棚の上に設置してあった.この棚は,幅70 cm,高さ120 cm,奥行き35 cmあり,引き出し付きで衣類を入れていた. 児が棚近くの床でうつ伏せになって遊んでいたところ,姉が引き出しを出して棚をよじ登ったため,棚が倒れてしまった.棚の上のものはすべて落ち,加湿器は児のそばに落ちた.その際,熱湯の入った部分の蓋が外れ,児の背中に熱湯がかかってしまった. 受傷後,児が泣きながら母の方に這っていったため,母が受傷に気づいた.患児の服を脱がせて熱傷部位を確認したのち,氷冷しつつ医療機関に連絡した.
治療経過と予後 X日午後2時頃に医療機関に到着した.速やかに皮膚科医の診察と処置を受け,II度の熱傷10%と診断された.小児科に入院して静脈路確保,補液が開始された.皮膚科医により連日熱傷部位の洗浄,ジメチルイソプロピルアズレン軟膏と抗菌薬軟膏,創傷被覆材による処置が行われた.経過中に感染を示す兆候はなく,抗菌薬の全身投与は行われなかった.入院後の経過は良好で,感染の合併なくX+7日に退院した. 退院後も皮膚科外来にて入院中と同様の処置を受けて,約1か月で完治した.
Full Text No.093 スチーム式加湿器による背部熱傷
類似報告 No.93 類似事例1

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る