Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.090 開閉式ドアによる手指外傷(事例2)

事例 年齢:1歳 5か月 性別:男児 体重:11kg 身長:78.5cm
傷害の種類 圧挫創
原因対象物 折れ戸タイプの開閉式ドア(図5)
臨床診断名 右示指末端圧挫創,爪脱臼,爪床裂創
直接医療費 133,540 円
発生状況 発生場所 入居予定マンションのモデルルームの居間
周囲の人・状況 本人と母は同室の居間,父は別室のリビングルームにいた.
発生年月日・時刻 2019 年4 月X 日(火) 午前11 時35 分
発生時の詳しい
様子と経緯
本児が,居間に設置されているクローゼットの開閉式ドアを触っていた.突然,本児の泣き 声がして母が確認すると,閉じたドアの中央部分に本児の指が挟まっている状態であった. すぐにドアを戻して解除したところ,右第2 指末端が断裂し出血している状態だった.タオ ルで患部を圧迫止血しながら,すぐに救急要請し,医療機関を受診した.
治療経過と予後 医療機関受診時,バイタルサインは安定しており,右示指断端部から出血が持続している状 態であった.爪脱臼を伴い,指末節部の遠位1/3 程度が部分的に断裂し,爪床に挫滅創と末 節骨尖端が露出していた(図6).断裂した指尖端組織には爪甲に脂肪織と真皮が一部付着 していた.鎮静,鎮痛下で,形成外科医による断端縫合を行った.指ブロック後に洗浄を行 い,バイポーラでの止血をおこないながら,爪甲ごと断端組織を縫合した(図7).数時間 後に覚醒を確認後,同日帰宅とし,形成外科外来へ通院していただく方針とした.縫合後6 日目の時点で明らかな感染兆候はなかった.縫合後1 か月の外来では,皮膚は生着し爪の再 萌出を認めた.整容的に明らかな短縮を認めるほどではないものの,指尖端に一部欠損が 残った.
Full Text No.090 開閉式ドアによる手指外傷(事例2)
類似報告 No.90 類似事例1

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る