Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.092 弁当用ピック誤飲による下咽頭異物

事例 年齢:1歳 7か月 性別:男児 体重:11.7 kg 身長:82cm
傷害の種類 誤飲
原因対象物 キャラクター弁当装飾用のピック 30×22.5×5 mm(図1)
臨床診断名 下咽頭食道異物
直接医療費 474,140 円(入院・外来医療費のみ)
発生状況 発生場所 母手作りの弁当を公園に持参し,母・4 歳の姉とともに食べていた.
周囲の人・状況 母は姉に注意しており,隣にいた児がハンバーグを食べる様子は直接みていなかった.ハン バーグには,装飾のためのピックが刺され,先端は隠れていた.
発生年月日・時刻 2015 年3 月X 日(水) 午前11 時40 分
発生時の詳しい
様子と経緯
児がハンバーグを食した直後に苦しがり嗚咽した.すぐに母が背部叩打したところ,ハン バーグ片がでてきて,点状に血液が付着していた.その後も不機嫌で,嚥下時に痛そうにし ていたため,救急搬送された.
治療経過と予後 医療機関に到着時,嗄声や呼吸困難は認めず,さほど不機嫌でもなく,咽頭診察や画像検査 (X 線・単純CT)でも異物を指摘できなかった.単純CT 検査で,気腫や血腫の形成を疑 う所見は認めなかったが,吐物に血液が付着していたこともあり,耳鼻咽喉科に診察を依頼 した.喉頭ファイバースコピーで下咽頭に異物を確認できたため,緊急で全身麻酔下に摘出 術を行った.異物の装飾部分が食道内に嵌頓し,刺す部分が下咽頭から食道にかけて存在し ていた.直達喉頭鏡を用いて展開し,鉗子で摘出した.摘出は発症3 時間後であった.摘出 後の喉頭ファイバースコピーにて披裂部の粘膜損傷を認め,誤飲時に生じたものと思われ た.術後は感染予防および披裂部の浮腫への加療として,抗菌薬静注,ステロイド静注,ア ドレナリン吸入,加湿酸素投与を行った.咳以外に症状なく経過し,術後3 日目に退院し た.再診時に37.5 度で左披裂部腫脹を疑う所見がみられ,内服抗菌薬を処方されたが,そ の後は改善し,計3 回の通院で終診となった.
Full Text No.092 弁当用ピック誤飲による下咽頭異物

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る