Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.088 セパレート式卓球台での頸部絞扼による窒息

事例 年齢:7歳 5か月 性別:女児 体重:18.1 kg 身長:130.0 cm
傷害の種類 窒息
原因対象物 自宅に設置されたセパレート式卓球台 (図1,図2.卓球台は和室に畳んだ状態で保管していた,重量83 kg)
臨床診断名 低酸素性虚血性脳症(心肺停止蘇生後)
直接医療費 4,579,080円
発生状況 発生場所 自宅(和室)
周囲の人・状況 自宅リビングで姉(小学校4年生)はテレビ観賞していた.祖母は炊事場で炊事をしていた.
発生年月日・時刻 2018年4月X日(月)午前8時05分
発生時の詳しい
様子と経緯
午前8時頃,本児は自宅和室で卓球をするため,姉と2人でセパレート式卓球台を準備していた.姉がテレビをみるためその場を離れリビングに移動した後,8時5分に和室より叫び声が聞こえた.姉が部屋に戻ると卓球台裏面と卓球台の脚を架橋するスチール棒の間に児の頸部が挟まれている状態であった(図1-c).姉が炊事場にいる祖母を呼び,祖母とともに救出を試みたが,卓球台が重く頸部絞扼を解除できなかった.祖母が警察に電話連絡し,その後救急要請された.救急隊現着時(8時35分),児は心肺停止状態であった.救急隊が頸部の絞扼を解除し,すみやかに心肺蘇生処置を開始した.同時にドクターヘリを要請し,8時51分にドクターヘリが現着した.8時53分に心拍再開を確認した.その後,気管挿管が実施され,ドクターヘリによって医療機関に搬送となった.
治療経過と予後 頭部CTで低酸素による脳浮腫所見を認めた.低酸素性虚血性脳症と診断し,集中治療室で低体温療法と抗脳浮腫療法を施行した.長期的な人工呼吸管理が必要との判断で,気管切開術を実施した.術後の呼吸状態は安定していたため,入院18日目に一般病棟に転棟した.経過中,徐々に呼吸状態は安定して,入院35日目に呼吸器を離脱して,気管切開と経管栄養を行いながらリハビリテーションを行っている.入院43日目の時点で,開眼はあるが追視不可,随意運動なく寝たきりの状態である.今後は,気管切開を残し,胃瘻による栄養管理を継続する予定である.
Full Text No.088 セパレート式卓球台での頸部絞扼による窒息

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る