Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.087 魚骨による下咽頭異物

事例 年齢:9歳  性別:女児 体重:24.9 kg
傷害の種類 下咽頭異物
原因対象物 魚骨(タラ)
臨床診断名 下咽頭異物
直接医療費 103,960円
発生状況 発生場所 学校の教室
周囲の人・状況 友人と一緒に給食を食べていた
発生年月日・時刻 2018年9月X日(水)午後0時30分
発生時の詳しい
様子と経緯
上記時刻,給食でタラの切り身(5×5 cm程度)をピタパンで挟んで食べていた.食事中に甲状軟骨上縁のレベルに違和感を自覚し,その後ポテトやお茶を摂取したが改善しなかった.うがいを数十回したが症状は変わらなかった.保健室に行き,教員が咽頭を観察したが,肉眼で魚骨は認められなかった.午後の授業を受けた後に帰宅し,母とともに近医耳鼻咽喉科を受診した.喉頭ファイバースコピーで舌根部左側に異物を認めた(図1)が,除去できなかった.同日3次医療機関へ紹介受診した.
治療経過と予後 同日午後4時30分,受診時には嚥下時に咽頭痛を認めた.Stridorや流涎はなく,嗄声は認められなかった.呼吸困難の訴えもなかった.耳鼻咽喉科医師が対応し,同日に喉頭ファイバースコピーによる再検査は実施せず,症状の改善なければ翌日再診していただく方針として一旦帰宅とした. 翌日,嚥下時の咽頭痛が続いていたため,同医療機関の耳鼻咽喉科外来を再診した.喉頭ファイバースコピーで舌根部左側に魚骨を認めた.ファイバー鉗子での摘出を試みられたが,1cmの魚骨が摘出されたのみで5 mm程度舌根部に突き出した残存魚骨を認めた(図2).除去を試みたが途中で折れたと考えられた.耳鼻咽喉科と救命救急科が協力し,救急室で静脈鎮静・挿管管理下に咽頭異物除去を行う方針となった.本人と保護者に方針を説明し,鎮静の同意を得た上で静脈鎮静,気管挿管を実施し,耳鼻科医により直視下にマギール鉗子を用いて異物を除去した.その後,喉頭ファイバースコピーで残存した異物がないことを確認した(図3).予定通り抜管し,抜管後の経過観察を目的に入院した.入院後は数時間の経過で徐々に覚醒し,歩行や飲水ができることを確認した上で,同日退院となった.以降は再診なく経過している.
Full Text No.087 魚骨による下咽頭異物
類似報告 No.87 類似事例1

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る