Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.051 キックスクーターと自転車のハンドルによる外傷(事例2)

事例 年齢:11歳 11か月 性別:男児 体重:38kg 身長:145cm
傷害の種類 打撲傷
原因対象物 自転車のハンドル(写真12).ハンドルは直線状で先端は鈍,ブレーキの先端は鋭となっている.サドルはハンドルと同程度の高さにある.
臨床診断名 左鼡径部裂創,左腹壁ヘルニア
直接医療費 460,780円
発生状況 発生場所 道路の下り坂道
周囲の人・状況 一人で自転車を運転中
発生年月日・時刻 2013 年10 月24 日 午後4 時頃
発生時の詳しい
様子と経緯
自転車で下りの坂道を走行中にブレーキを少しかけたところ,自転車ごと左側に転倒し, バーエンド部(写真12)で左鼡径部を強打した.その後,左下腹部痛が出現したため,受 傷2 時間後に当センター救急外来を受診した.
治療経過と予後 受診時は意識清明,バイタルサインに異常を認めなかった. 身体所見では左下腹部に圧痛・反跳痛あり,左鼡径部に三日月状の3cm 大の裂創を認めた. 来院時の腹部エコーでは腹腔内の出血を疑う所見は認めず,血液検査上も明らかな異常を 認めなかった.しかし,身体所見より腹腔内疾患を疑って腹部造影CT 検査を行ったところ, 左半月線の断裂と同部位から大網の脱出を認め(写真13),外傷性腹壁ヘルニアの疑いとした. 同日入院とし,他臓器に損傷を認めなかったことより保存的加療を選択した.翌日に腹痛 は改善し,第9 病日に退院した. また,退院より半年後に撮影した腹部造影CT 検査でヘルニアの修復を確認した.
Full Text No.051 キックスクーターと自転車のハンドルによる外傷(事例2)
類似報告 No.51 類似事例

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る