Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.084 ドライアイスを充填密封したことにより破裂したペットボトルによる手裂創(事例1)

事例 年齢:12歳  性別:男児 体重:38kg 身長:153.9cm
傷害の種類 爆傷
原因対象物 ペットボトル,ドライアイス
臨床診断名 左手裂創
直接医療費 60,150円
発生状況 発生場所 公園
周囲の人・状況 不詳
発生年月日・時刻 2017年4月X日(日)  午後5時30分
発生時の詳しい
様子と経緯
患児がドライアイスと水を500 mLのペットボトルに入れ,蓋を閉めた状態で振っていたところ,突如ペットボトルが破裂し,ペットボトルを持っていた左手を受傷した.
治療経過と予後 左上肢の単独外傷であり,救急搬送時のバイタルサインに異常はなかった.医療機関搬入時の評価では,左上腕外側に1 cm×1 cmの皮膚剝離があり,左母指MP関節からCM関節にかけて長さ10 cmの深い裂創を認めた(図1,2).創部は止血されており,骨の露出はないものの脂肪織が脱出していた.患指末梢の血流障害や感覚障害はなく,母指の屈曲・伸展・対立運動は可能であった.X線検査では骨折や異物は認められなかった. 救急外来にて左橈骨神経・正中神経ブロックを行い,生理食塩水3 Lで洗浄した.4-0ナイロン糸で16針単結紮縫合し(図3),ペンローズドレーンを挿入した.ギプスシーネで固定し,同医療機関の整形外科で経過を観察した.受傷16日後に全抜糸したが,母指示指間に1.5 cmほど皮膚が未癒合な部位があり,肉芽の形成が得られるまで軟膏塗布を継続した.受傷20日後には良好な肉芽が観察でき,受傷29日後に上皮化が完了したため終診とした.終診時点で左母指の可動域制限や感覚障害などはなかった.
Full Text No.084 ドライアイスを充填密封したことにより破裂したペットボトルによる手裂創(事例1)
類似報告 No.84 類似事例1

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る