Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.082 一般用医薬品(外用薬)に含まれているカンフル(樟脳)の誤飲による中毒

事例 年齢:0歳 11 か月 性別:女児 体重:8.3 kg 身長:不明
傷害の種類 薬物誤飲
原因対象物 カンフル(樟脳)を含有する鼻づまり改善薬(チューブに入ったクリーム,内容量50 g 中 dL- カンフル2.5 g(5%)を含有)
臨床診断名 樟脳による急性薬物中毒
直接医療費 240,880 円
発生状況 発生場所 寝室
周囲の人・状況 寝室で父,母,本児の順番に横並びに敷布団で寝ていた.
発生年月日・時刻 2016 年11 月X 日(金)午前6 時30 分
発生時の詳しい
様子と経緯
傷害発生前日,本児の鼻づまりに対して市販の鼻づまり改善薬を本児の胸に少量塗布した 後,チューブを母の枕元に置いたまま,母は就寝した.チューブの蓋は閉めていた. 傷害発生当日の午前6 時頃,直母で授乳させた後,本児を寝かしつけて母は就寝した.午前 6 時30 分頃,本児が嘔吐している音が聞こえ,母が目覚めた.横に寝ていたはずの本児は, 四つん這いで嘔吐していた.枕元のチューブの蓋が開いており,吐物は粘度のある白色で あった.嘔吐を複数回繰り返したため,午前7 時4 分に母が救急要請し,医療施設に搬送さ れた.救急隊接触時(午前7 時13 分),本児のバイタルサインは心拍数150 回/分,呼吸数 36 回/分,収縮期血圧100 mmHg,SpO2 100%(室内気),体温36.1℃,JCS0 であった. 本製品は「胸,のど,背中に塗ることで,体温で温められて蒸気となった天然生薬成分が, 鼻づまり,くしゃみ等の症状を緩和する」ものとして,チューブに入ったクリーム製剤とし て販売されている.傷害発生前のクリーム残量の詳細は不明だが,ほぼ未使用で前日に少量 使用したのみであり,残量は約50 g であったと考えられる.傷害発症後のクリーム残量は 34 g であり,最大量で16 g のクリーム(dL- カンフルとして0.8 g)を誤飲したと考えられ る状況であった.
治療経過と予後 午前7 時38 分,病院到着時の本児バイタルサインは心拍数119 回/分,呼吸数30 回/分, SpO2 100%(室内気),体温36.9℃,やや興奮状態で吃逆を頻回に認めていた.来院後,嘔 吐や意識レベル低下,けいれんなどは認めず,気道・呼吸・循環は保たれていた.カンフル を0.5 g 以上誤飲した可能性があり,絶飲食管理と呼吸・消化器症状・意識レベルの観察を 目的に入院となった. 入院後,徐々に興奮状態は改善し,吃逆も消失,明らかな消化器症状や呼吸抑制,けいれん などは認めず経過した. 入院2 日目に午前7 時に覚醒し,ふらつきはなく,経口摂取や排尿排便に問題はなかった. 入院3 日目に母に対して事故防止支援サイト(https://www.niph.go.jp/soshiki/shogai/ jikoboshi/)の指導用パンフレットを用いて事故予防指導を行った.新たな症状は出現せず, 入院4 日目に無症状であったため退院とし,終診・有事再診とした.
Full Text No.082 一般用医薬品(外用薬)に含まれているカンフル(樟脳)の誤飲による中毒
類似報告 No.82 類似事例1

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る