Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.044 助手席に進行方向後ろ向きに設置されたチャイルドシート着座中の頭部外傷(自動車衝突時のエアバッグの展開による)

事例 年齢:0 歳 7 か月 性別:女 体重:7kg 身長:69cm
傷害の種類 頭部打撲
原因対象物 助手席に進行方向後ろ向きに設置されたチャイルドシートと自動車のエアバッグ
臨床診断名 1.頭蓋骨骨折(右側頭骨)、2.外傷性頭蓋内出血、3.右脳脱
直接医療費 3,504,570 円
発生状況 発生場所 公道(一般道)
周囲の人・状況 祖母が自家用車で、兄(4 歳)、姉(1 歳)を保育園から送迎中であった。本児のチャイルドシートは助手席に設置され、児は進行方向に対して後ろ向きになるように座らされていた。
発生年月日・時刻 2013 年4 月4 日 午後5 時30 分頃
発生時の詳しい
様子と経緯
児が乗っていた車が、停車中の前の車に追突してエアバッグが作動した。チャイルドシートは助手席の背もたれ方向に飛ばされ、児は右側頭部を強打した。その後、顔色不良で右側頭部の腫脹が著明となり、意識障害、瞳孔不同が認められた。気管挿管され、ドクターヘリにて当院に搬送となった。今回の事故では、同乗者に怪我はみられなかった。
治療経過と予後 入院時の頭部CT検査で、右側頭骨骨折、脳室内出血、外傷性くも膜下出血の所見が認められた。治療として、呼吸・循環管理を行った。4月5日の頭部CT検査にて右脳脱の所見を認めたため、4月9日に脱出脳の整復、硬膜・頭蓋形成術を行った。4月9日、約3分間持続する全身性間代性けいれんを認め、CBZの内服を開始した。その後は明らかなけいれんは認めなかった。その他の明らかな神経学的異常は認めず、経口的に食事摂取も可能となった。入院日数は22日であった。今後、外傷性てんかんの発症の可能性があり、外来にて経過観察中である。
Full Text No.044 助手席に進行方向後ろ向きに設置されたチャイルドシート着座中の頭部外傷(自動車衝突時のエアバッグの展開による)

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る