Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.039 ストロー付きコップによる口蓋の刺創

事例 年齢:2歳 7か月 性別:男 体重:12kg 身長:87cm
傷害の種類 刺創
原因対象物 ストロー付きコップ
臨床診断名 口蓋挫創
直接医療費
発生状況 発生場所 自宅のリビング
周囲の人・状況 4歳の姉がそばにいた.
発生年月日・時刻 2013年1月5日 午前9時30分頃
発生時の詳しい
様子と経緯
朝食後、リビングのこたつのテーブルの上にカルピスが入ったストロー付きコップ(写真1、2)を置いて、児(M)が飲んでいるのを母親は見た.その後、母が目を離した際に、いつもとは異なる激しい泣き声が聞こえ、見にいったところ、リビングから離れたところで座り込んで泣いていた.姉が側にいて、「Mがこれ(ストロー付きコップ)をもって歩いてて転んだ」と言った.児の口腔から出血していたので、口腔内に怪我をしたと思った.すぐに児の口の中をみたところ、軟口蓋付近から出血しているのが分かったが、その時は大丈夫だろうと思った.吐き出す唾液がしばらくたっても血性であるため懐中電灯で再度口腔内を確認したところ、口蓋部分の粘膜がそげてぶら下がっているのが確認できた.処置を受けないと止血しないだろうと判断し、自家用車で当院の救急を受診した.
治療経過と予後 受診時、意識は清明で、バイタルサインに問題はなかった.口腔内の所見として、軟口蓋前方・左寄りに2cm×0.5cmの弁状の創があり、1cm程組織が垂れ下がっていた(写真3).安静時には止血するが、啼泣時の出血が止まらないため形成外科に処置を依頼、手術室にて全身麻酔下に止血、創縫合を施行した.創底は筋層に達していたが、鼻腔への貫通はなかった.ICUへの入院となり、その後の経過は順調で、3日後に退院した.今回のストロー(写真2)には破損部分は認められなかった.母親の話では、購入した製品は、子ども用の商品として置いてある物なので安全な商品だろうと信じていた.横倒しになっても中身がこぼれない構造となっており、普段から使用していた.よく見ると、ストロー部分が硬い素材で出来ており、コップから突き出している部分が長く、けがをする可能性がある商品だと思ったとのことである.
Full Text No.039 ストロー付きコップによる口蓋の刺創

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る