Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.069 ロフトあるいは階段からの落下による重症頭部外傷

事例 年齢:5歳 4か月 性別:男 体重:24kg 身長:104cm
傷害の種類 転落による頭部外傷
原因対象物 ロフト(屋根裏部屋)およびロフトへの移動式階段(梯子)
臨床診断名 右急性硬膜外血腫,右側頭骨骨折
直接医療費 36,166,780円(発生1年9か月後時点での積算)
発生状況 発生場所 自宅アパート2階の洋室.ロフト(屋根裏部屋)の2階.下はフローリング+カーペット.
周囲の人・状況 本児と友人(小学校4年生)がロフトで遊んでいた.母親と7歳兄は,隣の部屋で布団を 敷いていた.隣の部屋から「ドン」と大きな音が聞こえ,友人が「早く来て」と呼びに来 た.母親が見に行くと(図1の楕円形の場所あたりで)本児は右頬をおさえながら「痛いよ」と言って泣いていた.
発生年月日・時刻 2015年3月19日、午後8時00分頃
発生時の詳しい
様子と経緯
本児は元来落ち着きのなさを指摘されていた.ロフトへの昇降は手すりのない急勾配な梯子を利用していた.床からロフトまでの高さは2m70cm,梯子は9段あり,1段の高さが約40cmであった.ロフトは普段から本児の遊び部屋として使用されていたが,壁により梯子の装着部分以外からはロフトからは転落しない構造になっていた.また梯子の昇降は, 普段から子どもたちだけでしていた.本児を発見した時,梯子は倒れていなかった.友人も音で気が付いたため,目撃者はおらず,状況から判断し,ロフト階上もしくは梯子から転落したものと考えられた.受傷後まもなく本児が泣き疲れて寝てしまったので,すぐには病院を受診しなかった.しかし,12時間後の翌朝になって本児の意識が悪いことに母親が気づき,母親に連れられて自宅の車で医 療機関を受診した.
治療経過と予後 医療機関受診時,本児の意識レベルはJapan Coma ScaleでIII-300,両側瞳孔は散大し対光反射は認められなかった.頭部CT検査を施行したところ,右急性硬膜外血腫,右側頭骨骨折,脳ヘルニア,脳実質の虚血性変化を認めた.脳神経外科による緊急開頭血腫除去 術が施行され,術後集中治療管理を行ったが,意識は回復しなかった.受傷後1年9か月が経過したが,脊髄反射レベルで四肢を動かすが,依然として意識は変化していない.現在は,気管切開を行ったうえで,小児科病棟で人工呼吸器・経管栄養管理が継続されている. なお本事例については,院内虐待対策チームでも検討が行われ,児童相談所への通告も行った.自宅での遊ばせ方,受診まで時間がかかったことなどから,ネグレクトの可能性は指摘されたが,身体的虐待の可能性は低いと判断された.
Full Text No.069 ロフトあるいは階段からの落下による重症頭部外傷

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る