Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.067 医薬品の誤飲による意識障害、けいれん

事例 年齢:2 歳 9 か月 性別:女 体重:12kg 身長:85cm
傷害の種類 薬物誤飲
原因対象物 医薬品錠剤(筋緊張性疾患治療薬)
臨床診断名 急性薬物中毒
直接医療費 入院費(9/27 ~ 10/4)870,810 円、外来費(10/14 まで)1,110 円
発生状況 発生場所 自宅のキッチン
周囲の人・状況 本児,兄(6 歳)は1 階にいた.兄はリビングでテレビを見ており,キッチンの棚(高さ 150cm)に薬袋が置いてあった.階段式の足台(70cm)が棚の側に置いてあった.
発生年月日・時刻 2016 年9 月27 日、午後2 時30 分
発生時の詳しい
様子と経緯
午後2 時30 分,母は本児と兄(6 歳)との2 人が自宅の1 階リビングで遊んでいたのを確 認した後,2 階で洗濯物を畳んでいた.午後2 時45 分に母が一度1 階に降り,リビングで 兄と会話した.その際,本児が錠剤のようなものをかじっていたが,母はラムネかと思い 特に詮索しなかった.その後,母は再び2 階で洗濯物を畳んでいた.午後2 時55 分に母が 1 階に戻ってきた際に,キッチンで本児が階段式の台に登って棚の袋に手を伸ばしている のを目撃した.当日,階段式の台は棚の横に置いてあり,児が台を動かさず登るだけで薬 袋に手が届く状態であった.母が確認すると,児の口腔内にごく少量の残薬の痕があった. 母が日本中毒情報センターに電話で問い合わせている最中に,児が徐々に傾眠傾向となっ たため救急要請となった. 薬袋内には母の内服薬である錠剤(20mg)がもともと84 錠あった.母が誤飲を認識した 時点で残薬が55 錠であったため,児が29 錠を内服したと推測された.薬はすべてPTP 包 装されていたが,29 錠分開封されており,包装シートは誤飲されていなかった
治療経過と予後 午後3 時50 分,病院搬入時にGCS(グラスゴーコーマスケール)で11 点と意識障害を認 めたが,気道・呼吸・循環は保たれていた.トライエージ(尿中簡易薬物スクリーニングキッ ト)は陰性であり,心電図に異常は認めなかった.児は一時的に興奮状態となることもあっ たが,興奮が落ち着くとバイタルサインは安定した(心拍数 103 回/分,呼吸数 23 回/分, 血圧 84/31mmHg,SpO2 97%(大気下)).午後5 時0 分に全身性間代性けいれんが生じ, ミダゾラム 0.1mg/kg を2 回静注した.けいれん様の動きは頓挫したが,意識障害が遷延 し呼吸抑制を認めたため,気管挿管の上,人工呼吸による集中治療管理を開始した.頭部 CT,MRI では器質的異常は認めなかった.持続脳波で全般的徐波を認めたが,経過ととも に改善し,入院2 日目には年齢相当の脳波所見となった.入院3 日目に抜管し,入院4 日 目に一般病棟へ転棟した.その後は意識清明で,入院8 日目に退院した.入院中にメディ カルソーシャルワーカーが介入し,家庭支援センターとの地域連携を調整した.また今後 の児の発達・発育は外来でフォローアップ予定とした.
Full Text No.067 医薬品の誤飲による意識障害、けいれん
類似報告 No.67 類似事例

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る