Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.66 磁石と鉄球の誤飲による小腸穿孔例

事例 年齢:1 歳 11 か月 性別:男 体重:11.7kg 身長:85cm
傷害の種類 誤飲
原因対象物 磁石と鉄球
臨床診断名 小腸穿孔と内瘻形成
直接医療費 1,266,980 円
発生状況 発生場所 自宅の居間
周囲の人・状況 異物はおもちゃ箱の中に入っていた可能性あり.おもちゃ箱の蓋はなく,床に置いてあり, いつでも,だれでも箱の中のものをとれる状態であった.
発生年月日・時刻 不明
発生時の詳しい
様子と経緯
2015 年9 月23 日から日に1 回ほどの水様便がでるようになった.9 月25 日(金曜日)昼 から3 ~ 4 回嘔吐したため,同26 日(土曜日)に来院した.急性胃腸炎が疑われ,投薬を 受けて帰宅した.同日夕から10 回以上の嘔吐をきたし,夜間救急を受診した.27 日から 嘔吐と腹痛,発熱を認めるようになり,休日診療所を受診したが,同疾患を疑われ,点滴 を受けた.28 日,再来院したところ,腹膜刺激症状,苦悶様顔貌を認めた.単純X 線にて 腹部に球形異物とフリーエアーを認めた.
治療経過と予後 大学病院小児外科で緊急開腹手術が行われた.内瘻形成と2 か所に小腸穿孔を認め,内瘻 部と穿孔部は切除された.1 か所の穿孔部はトリミングされ,短軸方向に縫合された.直 径5mm 大の金属球3 個と直径2mm 大の磁性のある四方形の金属が2 個確認され,摘出さ れた(図).磁石はもともと棒の四隅にとめてあり,互いに引っ付け合って遊ぶ玩具であっ たが,使用中に劣化し棒から磁石が離れた状態になっていた.患児がいつ誤飲したかは不 明で,母の話では「道具箱を探って,口に入れたようだ」とのことであった.術後経過は 順調で,第13 病日に後遺症なく退院した.
Full Text No.66 磁石と鉄球の誤飲による小腸穿孔例

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る