Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.041 抱っこ紐からの転落による頭部外傷

事例 年齢:0歳 4か月 性別:男 体重:6.0kg 身長:61.6cm
傷害の種類 転落
原因対象物 抱っこ紐
臨床診断名 外傷性くも膜下出血
直接医療費 232,340円
発生状況 発生場所 空港リムジンバス乗り場にある券売機前
周囲の人・状況 児を対面で抱っこ紐(図1、2)に固定し、リムジンバスに乗るために券売機の前でカバンを台に置いて財布を出そうとしていた.
発生年月日・時刻 2013年3月28日 午後0時55分
発生時の詳しい
様子と経緯
児を抱っこ紐に対面で固定している状態で、券売機にて券を購入しようと70~80cm程度の高さの台にカバンを置いた.カバンから財布を出そうと少し前かがみになったときに抱っこ紐の右脇から児が滑るように頭部を先進部にしてコンクリートの地面に転落してしまった.抱っこ紐のベルトはすべて閉めていた.普段は、ダウン着の上から装着していたが、その日はダウン着を着ていなかった.すぐに空港職員に声をかけて救急要請をしてもらい、近医へ搬送された.外傷性くも膜下出血を認めたために当院へ転院搬送された.生後1か月の頃から使用しており、今までも児がすり抜けそうでひやっとしたことはあった.
治療経過と予後 救急搬送された前医での頭部CTにて外傷性くも膜下出血を認めた.軽度の意識障害があったため、今後のフォローアップを含めて経過観察を目的に当院へ転院搬送された.意識は自然経過で経時的に改善を認めており、当院受診時には意識清明であった.受傷から経過中に痙攣や嘔吐を認めなかった.受傷5時間後のフォローアップの頭部CTで出血の増悪を認めず、経過観察のためにHCUへ入室した.入室後、意識レベルの低下はなく、嘔吐や痙攣もみられず、第2病日からミルクの経口摂取を開始した.いったん発熱が見られたが自然に解熱した.一般病棟へ転棟し、第5病日に後遺症を残すことなく退院した.今後は外来にてフォローアップを予定している.
Full Text No.041 抱っこ紐からの転落による頭部外傷
類似報告 No.41 類似事例
No.41 類似事例2

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る