Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.004 浴槽用浮き輪による溺水

事例 年齢:0歳 9か月 性別:男
傷害の種類 溺水
原因対象物 浴槽用浮き輪
臨床診断名 呼吸停止.(心停止は不明)
直接医療費
発生状況 発生場所 自宅の浴槽内.
周囲の人・状況 母と一緒に浴室におり、母は洗髪中だった.
発生年月日・時刻 11月21日午後19時頃
発生時の詳しい
様子と経緯
母が洗髪中、患児はオムツ型の浮き輪に座らされ、足はついていない状態で浴槽内に浮かばされていた.母が、患児の声がしないのに気づき(長くて3~4分)確認したところ、患児は浮き輪からはずれ、うつ伏せで浴槽に浮かんでいた.すぐに浴槽より引き上げたところ息をしておらず、顔色不良のため人工呼吸を行った.1~2分で呼吸が再開し、ミルクの嘔吐もみられた.救急車で近医に搬送され、今後の加療のため同日当院へ搬送され入院となった.
治療経過と予後 当院来院時、呼吸はやや不規則、100%酸素投与でSpO2は100%であった.意識はやや混濁していたが循環は安定していた.集中治療室に入室して管理した.呼吸は数時間で安定し、抗痙攣薬、浸透圧利尿薬を使用した.翌日には意識清明となり、哺乳も普段どおり出来るようになった.頭部CTに異常を認めず、脳波所見も正常範囲内であった.その後著変なく、麻痺、失調など認めず11月27日に退院となった.以後外来で経過をみており、翌年3月9日(1歳1か月)外来受診時の発達状況は、伝い歩き可能、単語は「わんわん」、「おっぱい」が言える.後遺症は残さない可能性が高い.
Full Text No.004 浴槽用浮き輪による溺水
Follow-up報告 Follow-up報告 No.4
類似報告 No.4・No.18 類似事例
No.4・No.18 類似事例2

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る