Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.017 ラムネ瓶の口による舌外傷

事例 年齢:8歳  性別:女
傷害の種類 舌のうっ血と腫脹
原因対象物 ラムネ瓶
臨床診断名 舌外傷
直接医療費
発生状況 発生場所 自宅の居間
周囲の人・状況 お祭りの縁日で買ったラムネを自宅に持ち帰り、リビングで一人で飲んでいた.
発生年月日・時刻 8月31日午前10時頃
発生時の詳しい
様子と経緯
ラムネを飲み終え、舌を飲み口に付けて中の空気を吸い続けたところ、ビンに舌が吸着した.これが面白くて吸い続けたところ、気がつくと舌がビンから抜けなくなった.母親に知らせ、1時間余り悪戦苦闘したが抜けないため、当院救急外来を受診した.舌が抜けなくなって約1時間後の受診であった.
治療経過と予後 来院時、意識は清明、顔色も良好であった.バイタルサインでは、体温は36.9℃、心拍数は113回/分、呼吸数は22回/分、SpO2は99%であった.舌が瓶の口から2~3cm中に入っている状態であった(写真1).まずはじめに、ビンと舌のあいだにゾンデを挿入し、ビンの中の陰圧の解除を試みた.それでも舌が抜けないため、サーフロを挿入してシリンジから空気を注入し陽圧となるよう試みた.しかし、うまくいかず、さらにもう一本ゾンデを挿入し、キシロカインゼリーを注入してねじりながら引き抜いて(写真2)、抜去に成功した.処置時間は計15分を要した.抜去後の舌の先端部には、発赤、腫脹、内出血が認められた(写真3).耳鼻科医にも診察を依頼し、経過観察でよいというコメントがあり、帰宅した.
Full Text No.017 ラムネ瓶の口による舌外傷

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る