Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.012 急性アルコール中毒

事例 年齢:1歳  性別:女
傷害の種類 誤飲
原因対象物 カルピスサワーエタノール12g(約1g/kg相当)含有(店によると)
臨床診断名 急性アルコール中毒
直接医療費
発生状況 発生場所 焼肉店(食事中)
周囲の人・状況 両親、店員
発生年月日・時刻 19時45分頃
発生時の詳しい
様子と経緯
普段、両親は児に清涼飲料を飲ませておらず、外食の時のみ特別に許可していた.児にカルピスソーダを注文した所、店員が誤ってカルピスサワーを運んで来て、両親、児とも気付かず一気のみした.顔面紅潮、歩行時ふらつき、興奮を認め、20時20分に当院に救急搬送された.
治療経過と予後 病院に到着時の体温は36.7℃、SpO2 100%(room air)、HR 150/分、体重12kgであった.誤飲後1時間以内であり、念のため温生食にて胃洗浄(1、000ml)を行った.一般検血、血液生化学、血糖には明らかな異常を認めず、静脈血ガスはBase excessがマイナス5.7と低く、乳酸が48mg/dlと高かった.1号液400mlを2時間点滴静注の後、3号液50ml/時間の維持輸液で経過観察したが、処置後のバイタルサインは安定し、痙攣などは認めなかった.翌朝には意識清明、歩行正常であり、全身の診察所見にも異常を認めないため退院とした.
Full Text No.012 急性アルコール中毒

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る