各種活動

 

会員・医療関係者 各位

 2020年6月25日
(2020年12月28日一部改訂、
2021年2月26日改訂・追加、
2021年9月3日一部改訂)

日本小児科学会 予防接種・感染症対策委員会

 このたび、小児におけるCOVID-19治療薬の候補薬剤についてまとめました。小児COVID-19患者を診療する際の参考資料としてお役に立てれば幸いです。

注)この稿は、小児におけるCOVID-19治療薬に対する現時点での考え方を示すものであり、ガイドラインではありません。また、今後COVID-19 に関する重要な知見が新たに出てきた段階で、改訂を予定しています。

「小児におけるCOVID-19治療薬に対する考え方」(第1版)

I. はじめに

II. 抗ウイルス効果を期待する治療薬

 1.レムデシビル(ベクルリー®点滴静注液100mg、ベクルリー®点滴静注用100mg)(2021年2月26日改訂)

 2.ファビピラビル(アビガン®錠200mg) (2021年2月26日改訂)

 3.シクレソニド(オルベスコ®吸入用) (2020年12月28日改訂)

 4.ロピナビル・リトナビル合剤(カレトラ®)

 5.ヒドロキシクロロキン(プラケニル®)

 6.イベルメクチン(ストロメクトール®)

 7.ナファモスタットメシル酸塩(注射用フサン10/50)

 8.抗体カクテル療法 (2021年2月26日追加、2021年9月3日改訂)

III. 免疫病態の抑制効果を期待する治療薬

 1.デキサメタゾン (2021年2月26日改訂)

 2.トシリズマブ(アクテムラ®) (2021年2月26日改訂)

 

ページの先頭へ戻る