各種活動

 

日本小児科学会の「知っておきたいわくちん情報」(日本版Vaccine information statement(VIS))について

2018年5月
予防接種・感染症対策委員会

 国内の予防接種をとりまく環境はこの数年で大きく変わり、特に乳幼児期には多くのワクチンを接種する必要があります。その接種を確実に行うためには、医療関係者とともに保護者の予防接種に関する正しい理解が必要で、そのための予防接種教育がより重要になってきます。

 日本小児科学会は、2017年4月より、米国小児科学会(American Academy of Pediatrics, AAP)との協同で、予防接種教育プロジェクトの活動を開始しました。その活動の中で、一般の保護者に対する教育ツールの一つとして、日本版Vaccine Information Statement(VIS)を作成し、呼称を「~日本小児科学会の「知っておきたいわくちん情報」~」としました。日本版VISは計22部からなり、予防接種に関する基本的な知識と各ワクチンの情報がそれぞれ1枚にまとめられています。

 是非、日本版VISを以下よりダウンロードのうえ印刷し、保護者の方に渡して頂き、予防接種の教育ツールとして、日常の診療にご活用ください。

「知っておきたいわくちん情報」(日本版Vaccine information statement)

 


2019年5月改訂(No.8、14、20)
2018年8月の「日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール」の改訂に伴い、「知っておきたいわくちん情報」を一部改訂(No.8、14、20)しました。
【改訂の内容】
1)学童期以降の百日咳とポリオに対する免疫を維持するために、就学前の3種混合・不活化ポリオワクチンの追加接種についての推奨(任意接種)を加えました。
2)2 種混合ワクチンの代わりに、3 種混合ワクチンでも追加接種ができること(任意接種)を加えました。

ページの先頭へ戻る