小児科学会からのお知らせ

小児医薬品開発ネットワーク支援事業について

 昨年度までAMED事業として実施しておりました小児医薬品開発に関する事業を、今年度から厚生労働省の事業として実施することとなりました。引き続き日本小児科学会が中心となり分科会や関連学会などのアカデミアと製薬企業が連携し、日本における小児医薬品の臨床試験が効率的に実施できる支援を目指します。
 詳細は、各種活動>小児医薬品開発ネットワーク支援事業からご確認ください。

ページの先頭へ戻る