小児科学会からのお知らせ

血中カルニチン2分画検査の適正な運用について

 カルニチン欠乏症の診断法には、タンデムマス法と酵素サイクリング法があり、目的に応じての使い分けが必要です。

 この度、血中カルニチン2分画検査の適正な運用について学会としてのステートメントを作成いたしましたので、ご参考としていただけますようお願いいたします。

血中カルニチン2分画検査の適正な運用について

※参考カルニチン欠乏症の診断・治療指針 2016

ページの先頭へ戻る