小児科専門医

 

 日本小児科学会事務局に会員歴証明書を請求された方に対して、会員歴証明書と併せて注意事項用紙をお送りしております。

 特に間違いが起こりやすい事項となりますので、必ずご確認ください。

小児科専門医試験出願書類確認事項(抜粋)

受験
出願書
臨床研修修了登録日の欄には、臨床研修修了登録証の医籍登録番号の上の日付を記載した。
研修修了
(見込)
証明書
研修期間は学会指定の専門医研修施設(関連施設を含む)において下記を満たしている。
2003年以前の国試合格者:通算5年以上
2004~2008 年の国試合格者 :専門医研修通算3年以上(2 年間の卒後初期臨床研修は含まない)
2009年以降の国試合格者:専門医研修通算3年以上(2 年間の卒後初期臨床研修は含まない)うち6 か月以上は支援施設での研修が必要
研修施設・関連施設が学会に登録されていることを確認した。
証明書発行時(書類右上の日付)に学会に登録されている指導責任医の自筆署名と捺印がある。
Bの臨床研修手帳欄は、最後の研修施設で得た指導医評価を研修手帳から転記した。
症例要約
指導証明書
記載内容(受持期間、診断名、患者ID等)は症例要約と一致している。
研修施設名と研修修了(見込)証明書の研修施設は一致している。
受持期間は研修修了(見込)証明書で証明された研修期間内である。
指導医自筆署名は実際に指導を受けた医師からフルネームで署名を得ている。
症例要約
チェックリスト
誓約書は自筆で記載し、署名、捺印をした。
症例要約 2004年度から必修化された初期研修期間の症例は含めていない。
受験者名、分野別症例数等の記載漏れはなく、症例番号順に並んでいる。
各分野異なる症例が最低2症例あり、疾病分野の選択は適切で、患者年齢の偏りはない。
受持時患者年齢はその症例を受け持った時の患者の年齢とし、1か月児までは生後日数、1歳児までは月数を、2歳児までは「1歳何か月」と表記すること。
論 文 筆頭著者として受理・掲載された原著論文(症例報告含む)である。
CD-R 症例要約は「受験者名」で30症例を1ファイル(30ページのファイル)で保存した。
保存したファイルを開き、CD-Rに完全に保存されていることを確認した。(生焼け注意)
臨床研修手帳 指導医の自筆署名(フルネーム)がある。ゴム印等は不可。
臨床研修修了
登録証
臨床研修修了登録証は2004年以降の国試合格者のみ必要。初期研修修了後、医籍に登録、厚生労働省から交付される。研修病院から発行されたものは不可。

 

ページの先頭へ戻る