他団体から

金属製の眼内ドレーンを留置した患者に対する磁気共鳴画像診断装置を用いた 検査について(厚生労働省)

 日本医学会を通じて、厚生労働省大臣官房参事官(医療機器・再生医療等製品審査管理担当)並びに厚生労働省医薬・生活衛生局安全対策課から、金属製の眼内ドレーンを留置した患者に対する磁気共鳴画像診断装置を用いた検査について周知依頼の依頼がありましたので、掲載させていただきます。
 詳しくは下記をご確認ください。

金属製の眼内ドレーンを留置した患者に対する磁気共鳴画像診断装置を用いた検査について

ページの先頭へ戻る