小児科学会からのお知らせ

乳幼児の虐待による頭部外傷(AHT:Abusive Head Trauma)に関する共同合意声明について

 日本小児科学会では、乳幼児の虐待による頭部外傷(AHT:Abusive Head Trauma)で死亡・不可逆的な後遺障害を負った子どもの権利擁護のために、米国小児放射線学会(SPR)、欧州小児放射線学会(ESPR)、米国小児神経放射線学会(ASPNR)、米国小児科学会(AAP)、欧州神経放射線学会(ESNR)、米国子ども虐待専門家協会(APSAC)との共同で合意声明を発表致しました。

 詳細はガイドライン・提言  >  学会からの提言・主張  からご確認ください。

ページの先頭へ戻る