小児科学会からのお知らせ

シンポジウム「スマホから離れて、夏休みを楽しもう」の開催について(日本小児保健協会)

 スマートフォンなどのICT端末の過剰利用が子どもの健康に悪影響を与えていることが明らかになりつつあります。平成30年度は、テーマを「スマホから離れて、夏休みを楽しもう」とし、診療の現場からネット・ゲーム依存などで健康を介する子どもの現状、「メディア漬け」の生活が子どもにどのような影響を及ぼしているのか、学校での現状とその対策を概説し、そして、ゲーム・スマホの代替(遊び、読書)の提案をします。一般の方を含めた子どもに関わる全ての方々が対象で、参加費は無料です。たくさんのご参加をお待ちしています。

日 時:2018(平成30)年7月7日(土) 14:00~16:40(開場13:00)
会 場:日本医師会会館 1F大講堂(東京都文京区本駒込2丁目28-16)
対象者:一般の方および子どもにかかわるすべての方
主 催:日本小児医療保健協議会合同委員会「子どもとICT、子どもたちの健やかな成長を願って」委員会
共 催:公益社団法人 日本医師会
定 員:400名
参加費:無料
申込必要事項:
  E-メールのタイトルは「ICTシンポジウム参加申込」として、下記の必要事項をご記入の上、jschseminar-tantou@umin.ac.jp 宛に送信してください。
  ①お名前(フリガナ)、②電話番号、③ご住所、④ご職業


プログラム:(内容は変更することがあります)

◎座長日本小児保健協会 山縣 然太朗、日本小児科医会 内海 裕美
◎開演あいさつ日本医師会 学校保健担当理事 道永 麻里

1.児童・思春期医療の立場から
  東京都立小児総合医療センター児童・思春期精神科医長 森野 百合子

2.大人は知らない?!子どもたちに見えるスマホ社会の風景
  NPO子どもとメディア常務理事 古野 陽一

3.「子どもと電子メディア・・・園児・小中学生の実態」~切実に悩む小中学生、園児保護者はたくさんいるのです~
  松本市立菅野中学校長/子どもとメディア信州代表 松島 恒志

4.ゲーム・スマホの代替(遊び、読書)の提案
  千葉大学大学院教授/公益社団法人こども環境学会副会長 木下 勇

5.総合討論

シンポジウム開催案内1

シンポジウム開催案内2

 

ページの先頭へ戻る