小児科学会からのお知らせ

風疹にご注意

2月4日は風疹の日―『“風疹ゼロ”プロジェクト』―を進めましょう。

1 風疹にご注意! わが国では風疹流行のリスクはいまだに消えていません!

2 妊娠20週頃までに妊婦が風疹ウイルスに感染すると、胎児が先天性風疹症候群になるおそれが生じます(*1)。

3 30-50代の男性は風疹に対する免疫のない方が多く、風疹流行の要因となっています。

4 流行地への海外出張、渡航は風疹ウイルスに感染するリスクを上げます。渡航の折には万全の風疹予防策をとってください(*2)。

(*1) 先天性風疹症候群:妊娠20週頃までに妊婦が風疹ウイルスに感染すると、難聴、心疾患、白内障、などの障害をもった赤ちゃんが生まれるおそれがあり、その後、発育の遅れもみられることがあります。

(*2) ①アジア、東欧、アフリカ等の風疹が流行している地域へ渡航の際はぜひ風しん【麻しん風しん=MR】ワクチンを接種してからでかけてください。海外での風疹に関する情報は国立感染研究所ホームページからご覧になれます。
国立感染研究所「海外での風しん対策の現状」
海外出張中に現地で風疹ウイルスに感染し,帰国後職場で流行させる事例が多くあります。

     ②海外出張の多い企業、組織では職場としての感染症対策をとられること強く推奨しかつ要望します。
国立感染研究所「職場における風疹対策ガイドライン」

 

ページの先頭へ戻る