Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.075 チャイルドロック機能付ウォーターサーバーによる熱傷

事例 年齢:0歳 10か月 性別:男児 体重:9kg 身長:74cm
傷害の種類 熱傷
原因対象物 ウォーターサーバー床置き型(チャイルドロック機能付温水蛇口(図1).重さ16.5kg,横幅30cm,奥行き31cm,高さ 97cm,床から蛇口までの高さ80cm.1 年前に購入した.)
臨床診断名 左前腕2度熱傷1%
直接医療費 19,610円
発生状況 発生場所 自宅のリビング
周囲の人・状況 事故発生時,児は母と2 人でリビングにいた.リビングの隅に,冷蔵庫とウォーターサー バーが置いてあり,そこから1m 程度離れた場所で児はおもちゃで遊んでいた.母は,リビ ング中央のダイニングテーブルを挟んで児と反対側に座っており,ウォーターサーバーの対 角の隅にあるテレビをみながら,ウォーターサーバーに背を向けて洗濯物をたたんでいた.
発生年月日・時刻 2017 年1 月27 日 午後7 時00 分頃
発生時の詳しい
様子と経緯
上記時刻にリビングの隅から音がしたため母が児に目をむけると,児がウォーターサーバーにつかまり立ちをしており,チャイルドロック機能付温水蛇口の上にあるつまみ(図1)を左手でつかんでいるところだった.母が慌てて児を止めようとした直後に,児自身がつまみを握ってロックが解除され,流出したお湯が児の左前腕にかかり受傷した.すぐに流水で5分間冷却し,さらに冷却材を使用して様子をみようとしたが,水疱を伴う発赤を認めていたため,同日午後9時に医療機関を受診した.
治療経過と予後 医療機関の受診時,左前腕橈骨側に,緊満する水疱を伴う1%の2度熱傷を認めた(図2).生理食塩水で洗浄と併せて,可及的に水疱蓋を破膜,除去した後に,湿潤療法を開始した.翌日再診時に,熱傷範囲及び深達度の進行がないことを確認し,創部処置について指導を行い,家族の希望により,近医皮膚科に紹介しフォローアップを依頼した.
Full Text No.075 チャイルドロック機能付ウォーターサーバーによる熱傷

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る