Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.074 ビーズ型芳香消臭脱臭剤による気管支閉塞

事例 年齢:0 歳 10 か月 性別:男 体重:10kg 身長:72cm
傷害の種類 気道異物
原因対象物 ビーズ型芳香消臭脱臭剤(乾燥していない状態でのサイズ:直径10mm)
臨床診断名 左主気管支閉塞
直接医療費 497,280 円
発生状況 発生場所 自宅
周囲の人・状況 消臭剤は詰め替えタイプで,容器のなかにビーズ型芳香消臭脱臭剤が入っている.乾燥する 際に消臭効果を発揮する製品であったが,すでに乾燥して縮んだものが,容器に入った状態 で本児の手の届く範囲に置かれていた.
発生年月日・時刻 2017 年2 月2 日 午後9 時30 分
発生時の詳しい
様子と経緯
午後9 時半ごろ,自宅で母の目が離れた隙に,ビーズ型芳香消臭脱臭剤が乾燥して直径3mm 程度に小さくなったものを口に含んでいた.母が発見し,口から2 粒掻き出した.夜間は特 に変わった様子はなかったが,翌日に機嫌が悪いのが気になり外来を受診した.経過中突然 咳き込むようなエピソードはなかった.
治療経過と予後 受診時,顔色不良,酸素化不良(SpO2 58%)を認め,外来で気管挿管を実施した.胸部X 線写真で右と比較して左肺の含気低下を認め,左主気管支異物が強く疑われた.透視下に軟 性気管支鏡で確認すると,ビーズ型芳香消臭脱臭剤と思われるゼリー状の物質(児が口に入 れていた消臭剤の原型と外観が同じもの)により左主気管支が閉塞されていた.異物を鉗子 でつまんだ際に,異物の形が崩れたが,可能な限り吸引により除去した.閉塞が解除された 後,左肺の含気は改善した.翌日抜管し,その後呼吸状態の悪化なく経過した.一時的に発 熱したが,呼吸状態は保たれていたため経過観察とし,自然に解熱した.全身状態は良好で あり入院4 日目に退院した.
Full Text No.074 ビーズ型芳香消臭脱臭剤による気管支閉塞

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る