Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.032 首浮き輪による溺水(1)

事例 年齢:0歳 6 か月 性別:女 体重:7.9kg 身長:66cm
傷害の種類 溺水
原因対象物 首浮き輪
臨床診断名 低酸素性虚血性脳症の疑い
直接医療費 197,350 円(入院)、3,220 円(外来)
発生状況 発生場所 自宅の浴槽内
周囲の人・状況 母親が2 ~ 3 分間、目を離していた。
発生年月日・時刻 2012 年2 月1 日 午後6 時20 分頃
発生時の詳しい
様子と経緯
浴槽内で首浮き輪を頸部に装着していた。2 つある安全ベルトのうち、上面の安全ベルトしかしていなかった。母親が洗髪中に、長くて2 ~ 3 分間、目を離して気付くと、首浮き輪の上部に目がかかるまで児がズレ落ち、鼻の下までお湯に浸かっていた(事例1 の図)。気付いてすぐに抱き上げた。顔色不良で、2 回にわたり水を嘔吐、顔色は戻ったが、救急車を要請した。
治療経過と予後 来院時、意識は清明、呼吸・循環は安定し、神経学的に異常所見はなかった。バイタル・サインはPR 140bpm、BP 114/84mmHg、BT 37.0 度、RR 30/minと安定していた。血清Na は129mEq/L と低下を認めた。その他主な血液検査所見は、静脈血pH 7.323、pCO234.0mmHg、血糖 121mg/dL、乳酸 39mg/dL、BE -7.8mmol/L、HCO3 17.1mmol/L、WBC 19,250、Hb 9.9g/dL、Plt 74.6×104、AST 65IU/L、ALT 39IU/L、Cre 0.15mg/dL、K 5.0mEq/L、Cl 100mEq/L で、胸部X 線写真には異常を認めなかった。溺水に準じて入院とし経過観察した。 翌日、Na 値も138mEq/L まで改善を認め、3 日間の入院で呼吸状態の悪化なく、後遺症なく退院となった。
Full Text No.032 首浮き輪による溺水(1)
類似報告 No.32 類似事1
No.32 類似事2
No.32 類似事3

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る