Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.064 女児の会陰部外傷(3)浴室での小陰唇裂傷

事例 年齢:3歳 8か月 性別:女 体重:14kg 身長:96cm
傷害の種類 会陰部外傷
原因対象物 子ども用の風呂用手桶(サイズ:130mm(径)×225mm×100mm(高さ),容量660mL)
臨床診断名 処女膜輪損傷,右小陰唇内側裂傷
直接医療費
発生状況 発生場所
周囲の人・状況
発生年月日・時刻 2016 年7 月7 日  18 時30 分頃
発生時の詳しい
様子と経緯
児と母と姉(8 歳)とで入浴していた.母は洗い場で洗髪などをし,児と姉は浴槽内で遊 んでいた.児が,子ども用の風呂用手桶を浴槽底に横向きに置き,手桶の柄の部分にまた がるように正座をしながら跳ねたところ,柄の部分が陰部にぶつかり,児は激しく啼泣した. 母が児を抱きかかえると陰部から出血していた.浴室内には,他に洗面用具や遊具などは なかった.
治療経過と予後 受傷後に近医小児科を受診し,会陰部外傷と診断されたが,止血できないために,加療目 的に紹介となった. 特に鎮静などを要さずに診察は可能であった.右小陰唇内側の裂傷および腟内下壁からの 出血を認めた.産婦人科医の診察により,処女膜輪損傷,右小陰唇内側裂傷の診断に至り, 同部位からの静脈性出血を認めた.縫合等により止血が得られる創形態ではないため,ア ルギネート創傷被覆材およびガーゼでの圧迫止血を図ることとした.1 時間弱の圧迫によ り止血を確認し,再出血の可能性を考慮し,経過観察入院した.翌朝までに,再出血のな いこと,排泄に問題がないことを確認し,12 時間程度の病院滞在で退院とした. 受傷後2 日目に外来フォローアップを行ったが,再出血などは認めなかった.
Full Text No.064 女児の会陰部外傷(3)浴室での小陰唇裂傷

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る