Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.062 人感センサー付セラミックファンヒーターによる熱傷

事例 年齢:0 歳 4 か月 性別:女 体重:6.6kg 身長:61.8cm
傷害の種類 熱傷
原因対象物 人感センサー付セラミックファンヒーター(高さ33.3cm 幅24cm 奥行き11.1cm)
臨床診断名 左頭頂部2 度熱傷(1%),左頬部1 度熱傷(1%),左耳介1 度熱傷(1% 未満)
直接医療費 26,060 円
発生状況 発生場所 自宅の居間
周囲の人・状況 両親および2 歳の兄と同居している.本児の発達段階は,定頸している.寝返りはできないが背這いで移動することは可能.発生時,母,兄,患児が自宅にいた.
発生年月日・時刻 2016 年1 月28 日 午後8 時30 分
発生時の詳しい
様子と経緯
午後8 時30 分に,入浴のため母と兄がリビングを出た.その時点で児はリビングに敷いた布団で入眠しており,ヒーターと児は約2m 離れていた.入浴直前に600W で使用してい たヒーターは,暖房の運転が終了していることを確認した.コンセントには接続したまま であった. 21 時過ぎ入浴後に母がリビングに行くと,ヒーターの前に児がおり,温風が出ていた.児 は啼泣していた.左顔面が発赤していたため,冷却したタオルや保冷剤で30 分ほど冷却し, 当院救急外来を受診した.
治療経過と予後 熱傷部位については,左頭頂部は水疱形成し2 度熱傷(1%)(図1),左頬部1 度熱傷(1%), 左耳介1 度熱傷(1% 未満)であり,翌日の再診でも同様の所見であった.受傷後4 日目, 11 日目にフォローアップを行った.上皮化は順調に進み,経過良好のため11 日目にフォロー オフとした. 人感センサーは本体前面の左上部,送風口は下部に設置されており,センサーが感知する範囲は,上下方向が60 度,左右が90 度だったため,センサーが児の動きを感知したこと, 仰臥位の状態で患児に熱風が当たることは,矛盾なく受傷機転を説明できると判断した.ヒーターは母の両親が2 年前に購入し,現品のみ郵送してもらった.説明書は読んだことがなく,受傷までに使用法が不明だったことや危険性を感じたことはなかった.
Full Text No.062 人感センサー付セラミックファンヒーターによる熱傷

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る