Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.061 玩具のパーツによる窒息

事例 年齢:0 歳 9 か月 性別:男 体重:8.7kg 身長:74.0cm
傷害の種類 窒息
原因対象物 玩具に付属するおしゃぶり 大きさ1.0cm×1.2cm
臨床診断名 心肺停止・低酸素脳症
直接医療費 6,610,350 円
発生状況 発生場所 自宅のダイニング
周囲の人・状況 曾祖母,母(キッチン),父,姉(5 歳)がそばにいた
発生年月日・時刻 2015 年8 月9 日  午前8 時30 分
発生時の詳しい
様子と経緯
午前8 時30 分に,家族が患児へ離乳食(パン粥)一口とお茶を飲ませたところ,患児が突然苦しそうにしだした.徐々に顔色が悪くなり,間もなく意識を消失した.父が児を逆さ まにしたり,胸部突き上げ法や人工呼吸を行ったが,救急隊到着時(窒息から21 分)には 心肺停止状態であった.直ちに救急隊により胸骨圧迫が開始された.口腔内を観察したと ころ人形に付属する玩具(1.0cm×1.2cm 大のおしゃぶり)(図1)が見つかった.異物はその場で取り除かれた.
治療経過と予後 来院後,胸骨圧迫を継続し,気管挿管,アドレナリン投与を行った.9 時26 分(窒息か ら56 分後)に心拍は再開したが,瞳孔は散大し,対光反射も認められなかった.頭部単純CT写真では大脳はびまん性に低吸収域を呈し,低酸素脳症が考えられた.入院1 週間後の脳波は平坦で聴性脳幹反応は消失していた.入院後ICU での全身管理を継続したが,低酸 素脳症のため入院87 日目に死亡した. 発症前日に家族が当該玩具を片付けていた.しかし,玩具に付属するおしゃぶりは容易に人形から外れる構造であり,気付かれずに床に落ちていたものを患児が食事前に口に入れ, 食事の際に窒息に至ったと考えられた.なお本玩具は3 歳児以上を対象とされている製品であり,姉の為に購入されたものであった.
Full Text No.061 玩具のパーツによる窒息
類似報告 No.61 類似事例

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る