Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.060 染毛剤の誤飲

事例 年齢:1 歳 7 か月 性別:男 体重:9.8kg 身長:75.8cm
傷害の種類 誤飲
原因対象物 染毛剤
臨床診断名 異物誤飲
直接医療費 110,030 円(うち患者負担は個室代と食事代9,100 円)
発生状況 発生場所 自宅の居間
周囲の人・状況 母親
発生年月日・時刻 2015 年8 月25 日 午後3 時00 分頃
発生時の詳しい
様子と経緯
母親が毛染めをするため,染毛剤の1 剤(クリーム)と2 剤(oxide water)を別々に置い ていた.母親が目を離していた間に,子どもが染毛剤の1 剤を口にくわえてかじっており, 内容液が少し漏れ出ていた.母親がすぐに気付き,子どもから取り上げると同時に口につ いた内容液を拭き取った.その20 分後から上口唇が急激に腫脹してきたため近医を受診した.
治療経過と予後 近医受診時,上口唇は普段の2 倍以上に腫脹していた.日本中毒情報センターに確認した ところ,染毛剤1 剤は毒性が強いことが判明したため,当院に紹介となった. 当院到着時,上口唇の腫脹を非常に強く認めた(写真1).母親があわてて拭き取った際に, 口唇に付着したのではないかと考えられた.なお,呼吸状態は安定しており,口腔内および気道内へは内容液が達していないと考えられた. ステロイド軟膏の塗布を行い経過観察したところ,腫脹は誤飲から約8 時間をピークとして徐々に改善し,翌朝には腫脹は完全に消失した.
Full Text No.060 染毛剤の誤飲
類似報告 類似事例

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る