Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.059 水筒による膵外傷

事例 年齢:7 歳 5 か月 性別:男 体重:24.0kg 身長:129.5cm
傷害の種類 転倒による腹部打撲
原因対象物 水筒
臨床診断名 外傷性膵損傷
直接医療費 4,899,370 円(入院医療費)
発生状況 発生場所 登校中の小学校の校内
周囲の人・状況 登校中の同級生が周囲にいた.保護者や教員は周囲にはいなかった.
発生年月日・時刻 2015 年6 月5 日 午前8 時00 分頃
発生時の詳しい
様子と経緯
小学校へ登校中,学校内に入ったところ(下は硬い土)でつまずいて転倒した.走ってい たため,かなり勢いがついて回転したように転んだが,そのときに地面とお腹の間に首か ら提げていた水筒が挟まり,腹部を強打した.水筒は蓋側を下(地面側)にして,底の部 分でお腹を打った.受傷後よりぐったりして嘔吐が続いたため近医を受診.内臓損傷の可能性を疑われ,精査加療のために当院を紹介され,受診した.
治療経過と予後 来院時,顔色不良,活気低下,腹痛持続,血性嘔吐を認めた.血液検査にて膵アミラーゼ, リパーゼの上昇を確認.腹部CT にて膵体部の断裂を確認し,外傷性の膵損傷と診断した. その他,肉眼的血尿も少量認め,腎損傷も軽度ながら存在したと考えられた. CT 上,主膵管の断裂が疑われたため,開腹にて洗浄・ドレナージを施行.その後も腹痛が 持続し,術後5 日目に腹部CT 再検.腹腔内への膵液漏出持続が疑われたため,再開腹し 膵体尾部切除・脾臓合併切除した.その後症状はいったん治まったが,14 日目にドレーン から突然出血を認めたため,緊急開腹術を施行したところ,脾動脈からの出血を認めた. 膵液瘻により動脈結紮部が溶解したことによる出血が疑われた.出血の原因となっている 動脈を結紮し,以降出血は認めず,腹痛も治まっている.2015 年7 月18 日に軽快退院. 膵臓を50% 程度摘出し,脾臓も摘出したことで,今後糖尿病の発症や肺炎球菌などの感染に注意が必要になると考えられる.
Full Text No.059 水筒による膵外傷

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る