Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.057 複数個の磁石の誤飲

事例 年齢:1 歳 5 か月 性別:男 体重:11kg 身長:80cm
傷害の種類 複数個の磁石誤飲
原因対象物 貼付式磁気医療製品(バンソウコウ部の直径は22mm)
臨床診断名 異物誤飲
直接医療費 29,630 円
発生状況 発生場所 自宅の玄関
周囲の人・状況 本人は玄関でベビーカーに乗った状態.母は先に家にあがり玄関を掃除していた
発生年月日・時刻 2015 年5 月9 日 午後5 時00 分
発生時の詳しい
様子と経緯
外出先から帰宅した時に,児が買ったばかりの円形のバンソウコウと磁石が一体となった 製品の袋を持って遊んでいたのを母は確認していた.その後児をベビーカーに残した状態 で,母は家に先にあがり玄関を掃除していた.数分後,製品の袋に穴が開いており製品のバンソウコウから磁石がはがされ,磁石のみが6 個無くなっているのに母が気づき,玄関 周囲を探したが,見つからなかった.複数の磁石を誤飲した可能性が考えられたため,救 急車にて当院を受診した.
治療経過と予後 受診時に発熱は認めずその他のバイタルサインは安定していた.来院時より機嫌良好で嘔気,嘔吐,腹痛などの消化器症状も認めなかった.また咳き込みなどの気道異物を疑う所見も認めなかった.腹部X 線検査にて上部小腸に,6 個連なった磁石を認めた.腹部症状 がまったくなく,すでに磁石は胃を越えた腸管内にあることから外科医と相談し,経過観察となった.家族には翌日再診を指示するとともに,排便の際に異物混入を確認すること, 消化管穿孔が疑われる所見があればすぐに受診するよう説明した.翌日の再診時,バイタ ルサインの悪化や腹部症状の出現はなく,腹部X 線検査では前日と比較し磁石が肛門側へ進んでいることが確認できた.同日午後に便とともに連なった磁石が6 個排出されたことを家族が確認した.誤飲した日より3 日後に当院を再診.腹部X 線検査で異物の残存がないことを確認し終診とした.
Full Text No.057 複数個の磁石の誤飲

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る