Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.036 カーテンの留め紐による縊頸

事例 年齢:1歳 1か月 性別:男 体重:8.5kg 身長:70cm
傷害の種類 窒息
原因対象物 カーテンの留め紐(タッセル)
臨床診断名 縊頸、低酸素性脳症、全身性強直間代性痙攣
直接医療費 約250万円
発生状況 発生場所 自宅の居間の窓際
周囲の人・状況 居間には患児が1人で居り、母親は外で洗濯物を干していた.患児の発達は、数歩程度の独歩が可能な発達段階であった.傷害が発生したタッセル下端は床から50cmほどの高さであった.
発生年月日・時刻 2012年7月9日 午前8時8分頃
発生時の詳しい
様子と経緯
母親が居間に不在であった数分のあいだに、カーテンを留めるタッセル(写真1)が前頸部にかかり縊頸の状態となった.8時8分に母親が発見した時、患児は前のめりになるような体勢で、前頸部にタッセルがかかっていた.足は床についていた.縊頸を解除した直後は呼吸がなかった.8時13分に救急隊が到着した時点では、自発呼吸はあったが意識状態はJapan Coma ScaleでIII-300であったため、ドクターヘリを要請した.8時43分に医師が診察しているが、その時点では患児は開眼し、啼泣はあるも視線は合わず、顔面に広範な溢血点を認めた.
治療経過と予後 当院への搬送途中に全身性の強直間代性痙攣が出現し、ドルミカムを投与したところ数分後に頓挫した.救急室にて気管挿管を施行した後、脳低体温療法を行うため他院の小児集中治療室へ搬送となった.搬送先では同日より脳低体温療法を開始し、7月13日に復温を終了した.7月18日には人工呼吸管理を離脱し、7月20日には一般病棟へ転棟した.その頃には座位の保持は可能であったが、つかまり立ちはできなくなっていた.その後、全身状態が安定したため、7月23日に経管栄養の状態で当院に戻ってきた.この頃よりつかまり立ちができるようになった.7月24日より経口摂取を開始し、7月30日には独歩が可能となり、8月9日に自宅に退院となった.
Full Text No.036 カーテンの留め紐による縊頸
Follow-up報告 Follow-up報告 No.5
類似報告 No.36 類似事例1
No.36 類似事例2

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る