Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.027 遊具による溢頸

事例 年齢:3歳 11か月 性別:女 体重:14kg 身長:97cm
傷害の種類 溢頸
原因対象物 幼稚園の園庭にある遊具(昭和44年1~3月頃に設置された、のぼり棒つきすべり台.オリジナルの製品であり製品番号などはない.その製作所は既に閉所している)
臨床診断名 溢頸
直接医療費 入院費用 147430円
発生状況 発生場所 幼稚園の園庭
周囲の人・状況 幼稚園の園庭で、他の多数の園児と一緒に遊んでいた.事故当時、遊具の周りに保育士はいたが、普段通りの遊び方をしていたため特に注意を払っていなかった.
発生年月日・時刻 2011年10月12日 午前9時20分頃
発生時の詳しい
様子と経緯
写真1にある遊具の上部鉄板の上(写真2)から柵の間をくぐり抜け、本来登るために設置されていた遊具後方の棒(写真3)を伝って地面に降りる遊びが常態化していた.中には、柵の上を乗り越え、のぼり棒から降りる園児もいたとの報告がある.受傷当日もいつものように、この棒を伝って地面に降りる患児の姿が目撃されている.発生時刻頃、保育士がふと遊具に眼をやったところ、のぼり棒上部の一部水平となった部分(写真4)に前頸部を支点としてぶら下がっている患児を発見した.すぐに大声で助けを呼んで患児を降ろしたが、降ろした時点では意識はなかった.呼吸は保たれており、まもなく意識は回復した.すぐに救急要請したものの近隣に収容可能な施設がなく、受傷後1時間以上が経過してから当院へ搬送となった.なお遊具の上部天板は地面から約2.2メートルの高さ、上部鉄板にある柵の高さは70センチメートル、柵の間隔は約17センチメートル、またのぼり棒上部の水平部分は約12.5センチメートルであった.現場にいた保育士の話では、柵の間をすり抜けた際に誤って転落し、前頸部がのぼり棒上部の水平部分に引っかかったのではないかとのことであった.
治療経過と予後 搬入時、気道、呼吸、循環は保たれており、意識レベルも問題なかった.神経学的にも明らかな異常は認められなかったが、前頸部に出血斑が認められた(写真5).意識レベルの低下が、今回の傷害の原因なのか、あるいは結果であったのかを判別しかねたため、頭部CTや心電図などの検査を施行した.いずれも明らかな異常は認められなかった.受傷当日は経過観察を目的にハイケアユニットに入室した.翌日には状態が安定していたため帰宅となった.受傷後5日後に再診したが、明らかな問題は認められなかった.
Full Text No.027 遊具による溢頸

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る