Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.026 ベビーカーによる指先の切断

事例 年齢:3歳 0か月 性別:女 体重:体格は年齢相当
傷害の種類 指の切断
原因対象物 ベビーカー
臨床診断名 左第5指先端部切断
直接医療費
発生状況 発生場所 保育所
周囲の人・状況 父親が保育所に迎えに行き、帰る準備をしていた.使用していたベビーカーは2008年4月に購入されたものであった.
発生年月日・時刻 2011年4月20日 午後6時30分頃
発生時の詳しい
様子と経緯
折りたたんであるベビーカーを開こうとした.開ききったと思っていた状態で、事故が発生した部位(写真1、図1)に子どもが手をかけて座ろうとした.ベビーカーに体重がかかり、シートが沈んだので慌ててブレーキペダルを踏んでロックしようとした.その際に指が挟まった状態でロックをかけてしまった.
治療経過と予後 子どもの左第5指が完全に挟まっていたため、ロックを解除して指を引き出した.第5指先端部が3mmほど欠損していた(写真2).爪は3/4残っていた.骨の損傷は認められなかった.当院に搬送され、創処置のみ行って帰宅した.5月23日の時点では、患部はほぼ上皮化しており、指の動きに問題はなかった.父親によると、「ベビーカーの会社から指はさみ予防のためのカバーはもらっていないし、配布されていることも知らなかった.情報はなかった.」とのことであった.後日、父親は「今でも、同じタイプのベビーカーをカバー無しで使用している人をよく見かける.つい、危ないですよと声をかけたくなる」と言っていた.
Full Text No.026 ベビーカーによる指先の切断
類似報告 No.26 類似事例
No.26 類似事例2
No.26・No.46 類似事例

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る