Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.024 しつけ箸による刺傷

事例 年齢:4歳 5か月 性別:男 体重:15.5kg
傷害の種類 刺傷
原因対象物 しつけ箸
臨床診断名 下顎部刺傷
直接医療費
発生状況 発生場所 自宅
周囲の人・状況 父、母とともに夕食を食べ終え、本児は食卓を離れてパソコン用の回転する椅子に座り、椅子をぐるぐる回して遊んでいた.椅子には肘かけはついていない.この椅子は購入したばかりであった.
発生年月日・時刻 2011年6月18日(土) 午後8時頃
発生時の詳しい
様子と経緯
児は「しつけ箸」(写真1)を持ったまま椅子に座っていたが、母親は気づかなかった.椅子をぐるぐる回しているうちにバランスを崩し、本人の右側に転落、右手を床につくかたちで床に落ちた.頭も顔も打っていないようであった.右手にしつけ箸を持ち、3本の指が箸のリングにしっかりとはまっていた(写真2).受傷直後、下顎中央にしつけ箸の先が刺さり、抜けた.かなりの出血が認められた.タオルを当てて止血し、患部をみるとぱっくり穴が開いていた.刺傷部位には穴が2つ認められたので、2本刺さったと思われた(写真3).
治療経過と予後 土曜日の夜のため、救急医療を行っている医療機関を捜して受診した.傷の深さはそれほど深くないため、テーピングを行ったが固定がうまくいかず、2針縫合した.毎日受診し、合計11日間、消毒のために通院した.顎部や口腔内に機能障害は認められなかった.
Full Text No.024 しつけ箸による刺傷

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る