Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.018 解決したはずの浴槽用浮き輪による溺水(2009年3月、10月の2例)(2)

事例 年齢:0歳 10か月 性別:女
傷害の種類 溺水
原因対象物 浴槽用浮き輪
臨床診断名 呼吸停止
直接医療費
発生状況 発生場所 自宅の浴槽内
周囲の人・状況 母親と一緒に入浴し、浴槽用浮き輪に座らせていた
発生年月日・時刻 2009年10月14日 午後6時15分頃
発生時の詳しい
様子と経緯
3~4分間目を離し、午後6時15分頃に気付くと浴槽の底に沈んでいた.引き上げて刺激したところ、2回嘔吐し、その後徐々に呼吸が再開した.既往歴では、低出生体重児で、心雑音を聴取していた.
治療経過と予後 午後7時10分に救急車で当院に到着した.意識は清明で、啼泣も盛んであったが、経過観察を目的に入院となった.入院時、体重は6.0kg、体温は36.1℃、脈拍は124/分、呼吸は22/分で、両肺野に湿性ラ音を聴取し、胸骨左縁にII/VIの収縮期雑音を聴取した.他の身体所見や神経学的所見には異常は見られなかった.血液検査、胸部X線写真、頭部CTにも異常はなく、胸部超音波にて軽度の肺動脈弁狭窄、卵円孔開存が認められた.マンニトール、抗菌薬を投与して経過を観察した.入院後、発熱、痙攣、呼吸障害はなく、溺水の合併症は出現しなかったため、10月16日に退院となった.
Full Text No.018 解決したはずの浴槽用浮き輪による溺水(2009年3月、10月の2例)(2)
Follow-up報告 Follow-up報告 No.4
類似報告 No.4・No.18 類似事例
No.4・No.18 類似事例2

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る