Injury Alert(傷害速報)

Injury Alert(傷害速報)

傷害の種類
原因対象物
臨床診断名
検索TOPへ戻る

No.013 リチウム電池による食道粘膜損傷(1)

事例 年齢:1歳 7か月 性別:男
傷害の種類 誤飲
原因対象物 リチウム電池
臨床診断名 食道粘膜損傷
直接医療費
発生状況 発生場所 自宅
周囲の人・状況 お昼に自宅で母親といた
発生年月日・時刻 4月3日午後2時30分頃
発生時の詳しい
様子と経緯
母親がごくりという音を聞き、児を見ると、児がダラダラと唾液を垂らしていた.近くに電池のとれた空気清浄機のリモコンが落ちていたため、誤飲の疑いにて当院を受診した.
治療経過と予後 当院到着時、呼吸困難はなく、嚥下困難だけがみられた.レントゲン写真にて異物を確認し、全身麻酔下に内視鏡にてリチウム電池を摘出した.誤飲後4時間経った摘出直後の食道粘膜は黒色に変色し、糜爛を認めた.直後にステロイドを1回のみ投与した.絶飲食とし、抗菌薬の投与、H2受容体拮抗薬にて保存的に加療を行った.摘出の翌日には唾液の嚥下が可能となった.入院7日目の内視鏡では潰瘍がみられ、食道の狭窄も疑われた.食道造影を施行したところ明らかな狭窄や漏れはなく、翌日より水分摂取を開始した.12病日の内視鏡にて潰瘍は改善傾向であり、食事を開始した.それ以後、経口摂取は順調に進んだ.13病日に退院とし、1か月後の内視鏡にて治癒が確認された.
Full Text No.013 リチウム電池による食道粘膜損傷(1)
類似報告 No.13 類似事例

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ戻る